惑星などについて実習しました。近年の実測キャパシティーの訓練にともない、惑星の辺りを転じるちっちゃな衛星や小惑星・彗星などの天体が数多く発見されていらっしゃる。地球の衛星はひと月だ。ひと月の半径は1738kmで、地球の半径の約1/4だ。ひと月は地球と同様に岩石の地表をもっていらっしゃる。そのうわべにはクレーターの多い詳しい面と、それほど平たんな地形の「海」とよばれる物悲しい面があります。しかし海といっても、地球のように水がいらっしゃるわけではありません。これらの地形は30億クラス上記前にできたもので、現在までほとんど変遷せずに残っています。これは、エアーや水が弱いひと月では侵食実行がはたらかないためです。木星にはガリレイが感知4個の大きな衛星があります。そのなかで最大のものはガニメデで、半径が2631kmあり、水星よりも大きいです。また、イオでは地球以外ではやっと火山の噴火が実測されています。木星にはこういう4個以外にも直径10km位の衛星が数多くあり2007クラス今日、木星の衛星は60個をこえていらっしゃる。かなり勉強になりました。http://www.roswellvroom.com/musee/musse-100.html