学生時代に嫌だった祭礼に定期試しがありました。
自身は試しゆうべにメモとガイドブックのみを徹夜で丸暗記していた結果、
当然そのような付け焼き刃がテストに通用するハズもないのは知り切っていましたから、
各回、テスト前は憂鬱でランチも喉を通らなくなる現実でした。

そんなある日の試し1周日にち前の事件だ。
横のクラスメイトが
「おい。何て面持ちしてんねん」
と声を掛けてきたので自身は言いました。
「いや別途。ただ来週の試しのことを考えたら胃が痛くなってきてん」
そういった自身に対してクラスメイトは素っ気なく
「あっそんなふうに。まぁ自分には関係ないことやけどな。まぁがんばれや」
と何一つ人事のように言い放ちました。
(いや、まさに人事なので、そのクラスメイトを避難するつもりはありませんでしたが)

ただ、何とも言えないモヤモヤした感情が乳の中に残るような、気持ちが悪い感情がありました。
自身はそれからやや、そのクラスメイトのせりふが頭から離れずに心情が悪かったので、
その心情を振り切るために、めずらしく試し受講をしたのです。
試し受講をしている間は、そのクラスメイトのことを忘れられたからだ。

実績、今まで頂点宜しい点数が取り去れました。
自身は試し前までイライラしていた身近への感覚が嘘のように、
その時には恋人へのお礼の気持ちでいっぱいになったいたのでした。幼児 視力回復トレーニング