色々なポイントで真新しい美術家が作った曲を耳にします。TVだったり、ラジオだったり。そこでおもうのは前もって時世が変わったのかなあ、という印象です。思えば紅白歌合戦も全然階層入れ替わりと言いますか、若い美術家が数多く選べるようになりました。芸能人は些か出すぎのような趣もしますが、逆に言えば芸能人と同じくらい評価な美術家が短いという事でもあるのでしょう。
Musicを聴く状況というのはネットや携帯の浸透によって大いにひろがりました。そして、安価でMusicを聴くことができるようになってもしかしたら技能があっても「間もなくMusicで食べて出向くことは難しい」と判断してやめて要る若いほうが多いような意思も行なう。
しかし、この分野で技能の残る輩はほおっておいても勝手に曲を作ったり歌ったりするものです。より本物が出てきそうな目途もあります。そういえば、こちら何年も心にしみるすばらしい歌を聞いたことはないかもしれません。漢生爽楽 効果なし